MENU

不動産の査定が無料!?HOME4Uで一括査定してみよう!

不動産の買い替えを検討している場合、売却を先にした方が良いのか、それとも購入してからの方が良いのかで迷う方が多くいます。

 

どちらでも構わないのですが、それぞれメリットとデメリットがあるのでよく考えてからの方が良いでしょう。自分だけで決めてしまわず、査定時に不動産会社の担当営業マンと相談すると不安が解消されるでしょう。

 

売却を先にしたい場合

 

メリット

もし売却を先にしようと思ったら、メリットとなるのは資金計画が立てやすくなることです。先に売れてしまったのだから次に購入する物件の目安も大体掴めるというのが嬉しいところでしょう。特にお金のやりくりに厳しい目を持っている方はこちらの方が良いかもしれません。

 

デメリット

一方でデメリットとしては、もしこれから住まう物件が不動産売却後に見つからない場合、仮住まいが必要となるということです。これには資金がかかるので、目安は立つものの早く次の住まいを見つけなければそれだけ出費になってしまうというケースがあります。

 

購入を先にしたい場合

 

メリット

では、購入を先にする場合にはどうでしょうか。メリットは、既に次に住む場所が決まっているため引っ越しするスケジュールが立てやすいということです。また、仮住まいをする必要がないため、その分の出費は出ないことが約束されます。

 

デメリット

デメリットとしては、購入したは良いが売却の方が上手くいかなかった場合、その分広告費がかさんだり、不動産会社との打ち合わせに手間と時間がとられることです。内覧者の相手をする必要もある場合、売れるまでは心がなかなかやすまらないかもしれません。

 

まとめ

売却を先にしても購入を先にしてもそれぞれの良いところと悪いところはありましたね。既に目ぼしいところがあり、それが簡単に購入できるようであれば売却を先にしてしまった方が良いなど、場合によってどちらが良いかは変わってきます。あなたの意思にも関係しますが、専門的なアドバイスが欲しいなら不動産会社に頼るのもアリでしょう。