MENU

不動産を売却する際に気になるポイントをまとめました

もし、今住んでいる家を手放さなくなった時、まだ住宅ローンが残っているけれどそれって売れるの?と疑問に思っている方もいるでしょう。

 

こういう状況の方は結構いて、せっかく家を買ったのに急に転勤になってしまったり、介護のために親と一緒に住むため部屋数が足りなくなったりで、売却に踏み切る方はたくさんいます。

 

もし住宅ローンがまだ残っている場合、その不動産は売れるのかについて詳しく見てみましょう。

 

ローンが残っていても家は売れる!

結論から言ってしまうと、住宅ローンが残っていても不動産は売れます。ただし、色々条件はあって、最低限住宅ローンに設定されている抵当権を抹消しなければなりません。

 

そのためには完済が必要となってくるため、自己資金がいくらかまとまって必要となります。もしもそのようなお金がないなら、必要となる資金分を準備してから売却した方が良いでしょう。まとまったお金は買い替え時となると売却した資金が役に立ちます。これを住宅ローンにあてて完済を目指す方も多いですね。

 

便利な住み替えローンを知っておこう

まとまった資金が必要とはいえ、新居の購入にかかる費用と、以前の家にかかる住宅ローン返済にかかる資金を用意するのは難しいという場合があります。そんな時に便利なのが「住み替えローン」。

 

これは今住んでいる家を売却し、新居を購入する際に利用可能です。使うと良い理由は、新居を購入するのに必要となるお金を得られるだけでなく、まだ残っている前の家の住宅ローンの残りも同時に借りられるという点です。

 

これならまとまった資金がなくても家を売却することができますね。このローンは金利や家計に合わせて選べる型があるため、どれにどんな特徴があるのかを知っておくと良いでしょう。

 

ただ、注意点としては、売却する家の残っている住宅ローンのお金まで借りるため、今減現在の住宅ローンよりも返済額が増える可能性が出てくることです。デメリットとしてはここが一番気を付けたいところなので、便利ではありますが、将来のことを良く考えてから利用しましょう。

 

まとめ

知っておくのと知らないのとでは大きな差が出る住み替えローン。まだローンが残っているのに家が売れるのかと心配だった方は少し希望が見えてきたのではないでしょうか。

 

もちろんこれを利用するかしないかはあなた次第なので、不動産会社ともよく話し合って専門的な知識を取り入れつつ決めてみましょう。