MENU

たとえ損失が出ても確定申告はしなければならないの?

HOME4Uを利用して不動産を売却したら、場合によっては確定申告が必要となります。これはHOME4Uが手伝ってくれるというよりは、その方法を提示してくれるにとどまっています。

 

よくある質問コーナーでは、確定申告の必要がある人がどんな人で、どこへ行けば良いかが説明されています。ここでは、それをもう少し詳しくみてみましょう。

 

そもそも確定申告とは?

まずはここを確認しておきましょう。確定申告とは、所得や収入があった人が、いくらの所得税がかかったかを申告するものです。

 

その期間は通常だと2月から3月の間の1カ月間で、税務署に確定申告書を提出します。ただ、手続きをきちんとしてあるのであれば税務署にわざわざ出向かなくても良い方法もあります。

 

不動産売却後確定申告をしなかったら?

会社員で普段働いている方だったらあまり確定申告は意識していないかもしれませんね。会社がやってくれているので気付かないうちに手続きが終わっているなんてこともあります。

 

しかし、給与所得以外の所得が20万円を超えるようならば自分で確定申告をする義務が発生します。これは不動産で得た利益もそうです。もしそれを忘れてしまったら延滞税を余分に支払わなければならないことになるので、不動産を売ったらすぐカレンダーや手帳に確定申告手続きをすることをメモしておきましょう。

 

売却したのに損失があったから確定申告はしなくていいよね・・・?

不動産を売却したのにもかかわらず損失が出てしまったという場合は確定申告はしなくて良いのでしょうか。

 

確かに利益が出なかったので税金も発生しませんが、不動産売却の場合はちょっと複雑で、損失が出ても一定の条件に当てはまれば申告する必要があるのです。申告すれば納める税金が少なくなる場合等があるので、自分の場合はどのケースに当てはまるのかをしっかりとチェックしなければなりません。

 

会社勤めの方は注意!

自営業やフリーランスの方で、年収が20万円以上ある方なら慣れているかもしれませんが、ここで注意が必要なのは会社勤めの方です。

 

会社がやってくれていたことを自分でやらなくてはならなくなるため、忘れてしまう可能性もなくはありません。1カ月間の間にきちんと手続きを進められるよう、日が近づいたら必要書類は用意しておきましょう。

 

まとめ

一見確定申告は難しいように思えますが、不安があれば不動産売却をした会社や税務署に話を聞いてみましょう。人によってケースが違うため、詳しく話を聞いてもらうことによって正しい確定申告ができます。これをやらなければ脱税となってしまうので、しっかり用意して備えましょう。