MENU

手放して現金で大金をゲットor貸して安定した収入ゲット

今持っている不動産を自分は使わないと言う場合、いっそのこと完全に手放した方がいいのか、それとも貸して収入をコツコツ得た方がいいのか、どちらが得かは気になるところだと思います。

 

それぞれどちらが良いと一概に言えるものではなく、あなたの意思や不動産にもよりけりなところが大きいでしょう。売るにも貸すにもメリットとデメリットがあるので、それをここではご紹介していきたいと思います。

 

売る場合のメリット

  • 売却代金を現金で得られる

まずは売却する場合のメリットからいきましょう。この場合に嬉しいのは、不動産を売ったらその代金が現金で手に入ることです。大きな額だとかなり大金持ちになったような錯覚に陥りますね。

 

  • 不動産の維持管理が不要

貸す場合にはその不動産を維持していくために手間もお金もかかります。修理が必要になったりするとその都度管理していく責任があるのはあなたです。それが面倒というのなら、思い切って売ってしまった方が楽でしょう。

 

売る場合のデメリット

  • 地価が上昇しているなら損をする

これは経済がどう動いていくかによって変わるところですが、もし地価上昇傾向にあるのなら売却代金は損をする可能性があります。このあたりは詳しくないのであれば売却する際に不動産会社に相談するのが妥当でしょう。

 

貸す場合のメリット

  • 安定した収入がゲットできる

不動産を貸す場合には、その契約が有効である限りずっと家賃収入が得られるのが魅力です。それは維持費や管理費を差し引いても、よほど古い物件出ない限り黒字になるでしょう。売却によって一度に多くのお金を得るより、安定重視で長期間にわたってお金を得たい場合には貸す方が向いています。

 

  • 不動産を手放したくないならうってつけ

不動産に愛着があるというのは年配者に多いところですが、そうなると完全に他人のものになってしまう売却より、貸すという手段の方が良いでしょう。この場合、土地というよりは一戸建てなどに愛着がある方が多いようです。もう住まなくなったけれど手放したくはないというケースなら向いている方法です。

 

貸す場合のデメリット
  • 空室ができた時に収入はない

当たり前ですが、貸すといったからと言って借りたいですという方が必ずあらわれるわけではありません。ずっと空室という場合もありえるため、もしそうなった場合には収入は得られません。

 

  • 維持費、管理費がかかる

これは売却する場合にも触れましたが、貸す場合にはきちんと管理する必要があるため維持費と管理費などにお金がかかることを忘れてはいけません。安定した収入を得られる分、その一部はこれにあてなければならないと思っておいた方が良いでしょう。

 

  • 確定申告をする必要がある

家賃収入を得たら、それを確定申告する義務があります。手続きが面倒だというデメリットがここで生まれますね。このような手続きはいとわないというのであれば問題はありませんが、詳しくはわからないというのであればこれも不動産会社に聞いて学ぶ必要が出てきます。

 

まとめ

売る、貸す、どちらにしてもメリットもデメリットも発生するので、選択する時にはよく考えなければなりません。不動産によってはどちらが得だと決められるものもあるので、もし相談がしたければHOME4Uから不動産会社に相談することをオススメします。

 

無料で相談できるので気軽に連絡ができます。あなたの意思と、不動産の状態をプロにみてもらって出た判断から決断を下すと後悔せずに済むでしょう。