MENU

どの契約が良いかは不動産の状況によりけり

「媒介契約」、これは不動産を売却する際には知っておかなければならないものです。というのも、これは売る側が特定の不動産会社に買主を見つけてもらうために、仲介役になってくださいとお願いする時のものだからです。

 

さすがに個人でより自分に有利な条件先を見つけるのは難しいため、これはほとんどの方が利用すると言っていいでしょう。ただ、これには3つの種類があり、どれにするかはメリットとデメリットを見比べて検討するしかありません。ここではその種類をご紹介していきます。

 

専属専任媒介契約

 

メリット

ちょっと長くて難しい契約の名前の専属専任媒介契約。これのメリットは、後に紹介する他2つの契約と比べて不動産会社からの報告頻度が最も多いため、売主が今不動産がどのような状態になるのかを逐一把握できます。また、契約を結んだ会社としか仲介はしないため、比較的売りたい不動産に関して広告費を出してくれるなどの売却活動をしてくれやすくなります。

 

デメリット

デメリットとしては、1社としてか契約ができないため、その技量によってことが進んでいくことです。もし当たりであれば良いでしょうけれど、外れを引いてしまえば損をすることとなります。ちょっとリスキーですね。また、1社ということに限れば他に競争相手がいないため、場合によっては動きが鈍い会社もあるようです。

 

専属媒介契約

 

メリット

こちらのメリットは専属専任媒介契約とほぼ同じです。不動産がどうなっているのかの報告頻度は専属専任媒介契約には劣るものの、それでも高く設定されているので状況を把握しやすく、広告費用も積極的に出してくれるので活動が活発であるという点がメリットです。

 

デメリット

デメリットも、専属専任媒介契約と同じく1社に任せるため、その会社の腕次第というところがあります。

 

一般媒介契約

 

メリット

この契約は上記2つとは大きく違い、複数の会社に仲介を依頼できます。そのため競争意識が働き、より良い営業活動が期待できます。複数社に依頼しているということはそれだけ買い手の幅も広がるのが特徴です。

 

デメリット

デメリットは、上記2つの契約と違って販売状況の報告義務がないことです。よって、現在の不動産の状況が把握できません。また、メリットの逆を突けば、複数社いるということは頑張っても必ずしも自社で売却できるとは断言できない状況のため、活動に消極的になる会社もあるようです。

 

まとめ

ここでさっくりとまとめた限りでは、専属専任媒介契約と専属媒介契約は似た契約でしたね。ただ、あなたの売りたい不動産の状況によってはどちらが向いているかが変わってくると思うので、よくよく営業担当マンと話し合いをすることをオススメします。

 

不動産会社が勧めてくるので多いのは専属専任媒介契約か専属媒介契約のようですが、決定権は売り手にあります。情報を得て検討してみましょう。